一酸化炭素中毒事故防止

 < あなたの家のガス器具は大丈夫? >

 テーブルコンロ・湯沸器・給湯器などススが出たり、使用中に赤火になったり、嫌な臭いはしていませんか?
  ◆ そういった症状が出ていると不完全燃焼している恐れがあります。
 不完全燃焼していると何がいけないか?
  ◆ 一酸化炭素(CO)が発生し、COを含んだ空気を呼吸すると一酸化炭素中毒になってしまいます。
 
 


   
 < 一酸化炭素(CO)中毒とは >
 
 一酸化炭素(CO)は無色、無臭、の気体で空気中に拡散した場合、気付きにくい気体で、体の血液中の酸素の搬体である
 ヘモグロビンとの結合力が酸素の約200倍も強い気体です。そのため少量を吸収してもヘモグロビンとCOが結合して
 COヘモグロビンとなり、血液の酸素運搬能力が著しく損なわれることによって起こる症状が一酸化炭素(CO)中毒です。
 その症状は、COの空気中濃度、吸収時間により大きく左右され、次表のような症状を示します。
 
空気中における
一酸化炭素濃度
吸収時間と中毒症状
0.02%  2〜3時間で前頭部に軽度の頭痛
0.04%  1〜2時間で前頭部・吐き気、2.5〜3.5時間で後頭痛
0.08%  45分間で頭痛・めまい・吐き気・けいれん、2時間で失神
0.16%  20分間で頭痛・めまい・吐き気、2時間で死亡
0.32%  5〜10分間で頭痛・めまい、30分で死亡
0.64%  1〜2分間で頭痛・めまい、15〜30分で死亡
1.28%  1〜3分間で死亡
 < 0.04%って、どのくらい? >

 標準的な浴室に(5立方メートル)に2リットルのペットボトル1本分の一酸化炭素を混ぜたくらい。
 それだけでも吐き気が起きるほど毒性の強い気体です。



 < 事故を防ぐには >

  ◆ 不完全燃焼防止機能付ガス機器への取替を
  ◆ 不完全燃焼警報付ガス漏れ警報器の取付けを
  ◆ ガス機器の使用中は換気扇などを回し必ず換気を (屋内煙突式風呂釜は除く)
  ◆ 給排気設備の点検を
                        
Copyrightc2002-2011 inuyama-gas All Rights Reserved トップページへ戻る