エコライフのススメ



エコなお手入れのご紹介


●野菜カスやみかんの皮でこすれば、ピカピカになる
傷をつけずにステンレス製のシンクをピカピカにするには、大根やキュウリのへたなど、調理の際に出た野菜かすでこすって磨きましょう。
みかんネットなどに大根やみかんの皮を入れてこすってもシンクを傷つけずに磨けます。仕上げにサラダ油を少し含ませた布やレモンの
皮で拭くと、さらにピカピカに。また、飲み残した炭酸飲料をシンクに振りかけスポンジで軽くこすっても、シンクがキレイになりますよ。


●蛇口は酢水で拭けば、水アカやくすみが取れる
水で薄めた酢水を拭きかけ乾拭きすると、くもった蛇口がさっとキレイになります。他にも、重曹や揚げ物で残った小麦粉で磨く方法も。
固く絞ったふきんに重曹や小麦粉をつけて蛇口をこすってください。粉をふき取ってからさらに乾拭きするとピカピカになります。蛇口は
つい見落としてしまいがちな場所。ここが磨かれていると、キッチン全体のキレイ度もアップします。


●換気扇の汚れは、使い古しの油につけて落とす
換気扇や五徳などの油汚れを落としたい時は、ビニール袋などに使い古しの油と一緒に入れて口を閉めます。全体に油がまわるように
して、しばらく置きます。時間が経つと汚れは浮いてくるのでぼろ布で拭き取り、石けんで洗い流します。


●魚焼き器の網の焦げは、タワシよりナスのへたで取る
なすのへたで魚焼き器の網をこするとやわらかいへたが網にくい込み、こびりついた焦げをとってくれます。また、魚焼きグリルの受皿に
重曹を敷き詰めて焼くと、臭いが気になりません。洗う時はそのまま重曹を使って洗えます。







●シャワーヘッドは酸水につける
シャワーヘッドやホースの継ぎ目が黒ずんできた時は、酢水につけた後、歯ブラシなどでこすります。
つまってしまったシャワーの穴もすっきりキレイになります。


●洗い桶やイスの掃除には、「酢水+重曹」で
洗い桶やイスの掃除には、酢をスポンジに含ませてからスポンジに重曹をふりかけながらこするとよく落ちます。
また、重曹を少量の水で溶いた重曹ペーストも効果的です。普通の汚れならキレイになります。


●お風呂掃除は温かいうちが汚れが落ちやすい
お風呂に入った直後など、まだ温かいうちは汚れが緩んでいるので、キレイに洗いやすいです。仕上げにシャワーで
流せば、洗剤なしで充分キレイになります。ふだんの掃除はこれでOK!念入りに掃除する場合は、お風呂用洗剤を
スポンジにつけてから浴槽などをこすります。また、お風呂から上がる前には体を拭いたタオルで浴槽や壁をサッと
拭いておきましょう。それだけでカビの発生率が違います。


●湯船の湯垢、髪の毛は新聞紙で
最後の人が入り終わったら、湯船の上に新聞紙を一枚広げて浮かせましょう。湯垢や髪の毛など、浴槽の汚れが
新聞紙に吸い取られます。新聞紙は静かに折りたたんで引き上げます。そうすることで掃除がグンと楽になります。
Copyrightc2002-2011 inuyama-gas All Rights Reserved トップページへ戻る