保安管理体制
お客様に安心して都市ガスをお使いいただくために、都市ガスをお届けするまでの各過程において、災害に強い設備形成に努めるとともに、
万一災害等の非常時に備えて、早期復旧に向けた保安体制を整備しています。
また、災害の発生時や発生が予想される場合には直ちに保安災害対策本部を設置し、関係機関と連携した体制に入ります。

保安管理組織表 防災関連機関との連携
保安統括者のもと保安係員を定め業務を遂行し、災害等の非常時に
おいてはあらかじめ定められた自動出勤体制及び、保安組織系統に
基づいた要員の確保により対策本部を設置し、緊急措置・復旧活動の
ための任務にあたります。
災害の発生が予測または発生した場合、その状況に応じ消防・警察・
地方自治体・日本ガス協会など、防災関係機関との連携により迅速
かつ適切な対応を講じます。

自動出勤体制
自動出勤体制とは、地震時において発生後気象庁の発表した震度階が5弱以上の場合。もしくは火災その他による広範囲にわたるガス
工作物の被害及び、ガスによる二次災害が予測される場合に行動します。
尚、緊急地震速報計を社内に配備し、震度階4以上の地震が到達する場合、気象庁からの速報を受け、全社員に緊急速報を自動メール
発信するシステムを構築しております。

供給停止判断
地震発生時において地震計のSI値が60カイン(震度6弱以上)を記録した場合、二次災害防止の観点からその地区におけるガス供給を
停止します。また、SI値が30カイン以上60カイン未満程度においては、道路・建物及び導管をはじめとするガス工作物等の被害状況、
ガス漏洩通報の受付状況などの情報により、二次災害の恐れがあると判断される場合、ガスの供給を停止する事があります。また、
他の災害についても周囲の状況に応じた対応を講じるものとしています。
尚、ガス供給停止にあたり、救急医療等で必要とされる場合、非常用移動式ガス発生装置を準備しガスの仮供給に努めます。

工事・巡視・点検・検査
ガス工作物の工事にあたっては、ガス事業法及び、自社基準に基づき十分な計画をたてると伴に、工事完了後の検査を行い、技術基準が
維持されるよう頻度に応じ巡視及び点検に努めています。

教育及び訓練
ガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安の徹底を図るため関係者に対し、毎年作成する計画を基に保安に関する教育・訓練を
実施しています。
訓練実施状況
・犬山市総合防災訓練(年1回)
・社内災害対策訓練(年2回)
・東邦ガス合同防災訓練(年1回)




地震値の相関関係

加速度(ガル):観測点での地震の大きさを「加速度」で表したもの。地震の揺れによって人や建物に作用した加速度の大きさで揺れの大きさを表す。
SI値(カイン):観測点での地震の大きさを「速度」で表したもの。1カインは1秒間に1センチ動いたことを表す。


Copyrightc2002-2011 inuyama-gas All Rights Reserved トップページへ戻る