ここでは、コンロ・湯沸器・ファンヒーターのお手入れ方法を紹介します。
   お手入れ前には、器具の元栓が閉まっているのを確認してください。
  
   お手入れポイント
   ・ガスコンロの汚れはなるべく早く落とす!
    ガスコンロの油分は、温度が下がるとこびりついてしまいます。
    使った後は、ある程度余熱があるうちに台所用中性洗剤などを
    しみこませた布巾などで汚れをとる習慣をつけましょう。
 
   ・隅々までお手入れする場合は、
    ゴトク・受け皿・グリル・焼き網・・・、取り外せるものは全て取り外しましょう!

   ゴトク・受け皿
    古い大きめお鍋にゴトク・受け皿を入れ、重曹を溶かした水をはり、
    10分〜20分火にかけます。
    汚れが浮き出たら火を止め、冷ましてから古歯ブラシ・スチールたわしで
    こすり落とす。
   バーナーキャップ
    表面はワイヤーブラシでこすり、炎口は、キリや竹串などを差し込んで
    きれいにしておきましょう!

   <注意> バーナーキャップが汚れていると不完全燃焼や点火不良の
    原因となるので、こまめにお手入れしましょう!バーナーキャップを水洗い
    したときは、必ず水気をとってから正しくセット(※1)し、正常に燃焼するかを
    確認しましょう。
   ※1 バーナーキャップには取り付け位置があります。取り付け位置がずれて
    いると着火しないことがあります。
   グリル
    使うたびに台所用洗剤で水洗いし、水気をよく拭き取る。
    グリルは焼く前にあらかじめ熱しておき、サラダ油をぬっておくと
    魚が くっつきませんよ!
   天板・軽い汚れ
    布巾やスポンジに台所用洗剤を含ませ、汚れを拭き取る。
    ・こびりついた汚れ
    天板の材質によって異なります。
    いずれも金属たわしやみがき粉は表面を傷つけることが
    ありますので、注意してください。
    <ガラス天板>
    汚れたところにクリームクレンザーを塗り、ラップでこする。
    <フッ素天板>
    台所用洗剤をスプレーし、水を含ませた布巾やスポンジで拭き取る。
    <ホーロー天板>
    クリームクレンザーをつけてスポンジやナイロンたわしでこする。
  
   日常のお手入れ
    時々、上部(防熱板の下)と側部の給気口に汚れや詰まり
    がないかチェックしてください。この熱交換器と呼ばれる部
    分が目づまりしていると不完全燃焼の原因となることがあります。

   使用上の注意
    小型湯沸器はたくさんの空気を必要とします。(ガスコンロ
    の約4倍)新鮮な空気が不足すると、不完全燃焼を起こして
    危険な状態になることがあります。
    小型湯沸器をご使用の際は、必ず換気扇やレンジフード
    ファンを回すか、窓を開けて換気を行ってください。
  
   お手入れのポイント
    ファンヒーターのフィルターが目づまりすると能力が低下します。
    快適、節約のためにも、こまめにお手入れをしましょう!
    まずファンヒーター本体からフィルターを取り外します。
    次に掃除機でほこりを吸い取ります。
    汚れがひどい場合はぬるま湯に中性洗剤を入れて洗い、
    水をきって陰干ししてください。
    (注)フィルターを外したままファンヒーターを運転しないでください。
ページのトップに戻る  
Copyrightc2002-2011 inuyama-gas All Rights Reserved トップページへ戻る